masako。市川の片隅にあるCAFE105から・・・

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
エルメスの手しごと展。 16:08
昨日は娘とお出かけ。
表参道ヒルズへ「エルメスの手しごと展」を観てきた。
入場無料。19日までやってます。

鞍職人、皮革職人、手袋職人、縁かがり職人、時計職人等々
エルメスのアトリエで働くアルチザンたちが
その手仕事を観せてくれる!すごかった。

写真OK、あらゆる質問にも答えてくれる。
てもとを観ていると飽きない。
軽やかな手さばき 何十年の時がそこにあるんだ。
考えられた道具たちも美しいなぁと。

皮革職人のところで。

記念撮影のところで。
オブジェといい、色合いが絶妙で グッとくる。

帰ると無性に針しごとしたくなった。
| 散歩。 | comments(0) | - | posted by masako。 - -
明けましておめでとうございます。 10:24
明けましておめでとうございます。
今年も 健やかな一年になりますように。

昨日 恒例の成田山初詣に行って来ました。
でも今年は娘と二人で。
母は 引っ越しの片付けもあるから、お留守番するって。
参道を歩く気持ちが萎えてしまったようです。
母なりのペース配分を考えての事。
8日の句会新年会を見据えてのことでしょう(^-^)

今年は初めて尽くし。
手水場を通り、お守りを買い求めてから本堂にお参りして、
裏側の不動明王にも手を合わせて 不動明王御印紋を額に入れてもらいました。
(母は手すりが左に無いと歩けないので、いつも西側しか行くことが出来ませんでした。) おみくじを引いて、前の本堂へもお参り 合い間に豚まん、甘酒、手焼きせんべいタイム、骨董屋ひやかし…頼まれたお土産を買い
娘と二人だと ささっとあっと言う間でした。
鰻重は自宅近くの「きん三」の出前。
今年も異常な混雑の「川豊」4時間待ち?順番待ちスマホで確認だって!



今日は午後から ケアハウスの叔母の所へ行って来ます。
| 散歩。 | comments(0) | - | posted by masako。 - -
刺激的な1日! 22:20
今日はキクちゃんと清野さんの三人展に
スパイラルまで行って来ました。
偶然しばちゃんと嬉しい合流。

清野さんのお洋服、
きたのまりこさんのアクセサリー
ACクラフトの木工家具、小物

回を重ねるごとに新しい出会いがあります(^-^)
今回はカラマツのフォトフレームを頂きました。
シンプルで使うほど味わいが増すもの
やっと見つけました。
せなの写真飾ります(^-^)

スパイラルも散策。
ミナの新しいショップ&カフェも堪能してきました(観るだけね)
そのあと吉田カバンへ寄り
渋谷まで歩いて、しばちゃんおすすめの
「ピエール・アレシンスキー展」を観に
文化村ザ・ミュージアムへ。
すごく良かったです!

スパイラルの三人展,
「ピエール・アレシンスキー展」
どちらも8日まで!

久しぶり!刺激的な1日でした。
キクちゃん、しばちゃんありがとう。
| 散歩。 | comments(0) | - | posted by masako。 - -
お墓参り。 22:30
今日、マキちゃんたちと わこさんのお墓参りに行ってきました。暖かく、優しく迎えてくれたわこさんのご家族の方々 ありがとうございました。
わこさんが好きだった酒蔵のお蕎麦やさんでお昼をご馳走になり、わこさんの住んでいたアパートの部屋でお茶をしながら、皆んなでわこさんのスクラップノートをみせてもらって、思い出話をしたり楽しい時間を過ごさせて頂きました。
まだ5か月。
「もう随分会ってないなぁ〜」
お墓参りしても、実感ないなぁ〜わこさん。
また、来るからね、わこさん(^-^)


わこさんの住んでいた場所は
ご家族によりそのままになっていて、
何時でも遊びに来てください、と言うのです。
隅々まで、わこさんの美意識が感じられる場所。 ご家族にとっても大きな存在だったんだとあらためて実感しました。
| 散歩。 | comments(0) | - | posted by masako。 - -
不思議舎さんへ。 17:20
今日、しばちゃん、清野さん、iさんと不思議舎さんへ行ってきました。
ランチは蓮田から車で15分程の岩槻にある カフェ「ラパン」
私はドリアセットにしました。
ちなみにラパンランチプレートは
こんな感じ。

ケーキと珈琲も付けてもらった。
美味しくて、楽しかったなあ。
そのあと、不思議舎さんへ。

アマガエルが。


肝心の店内は、お喋りと物色に夢中で忘れました。楽しい物、素敵な物沢山!
でも限りのあるおサイフ。 いつも新鮮な発見があって居心地の良い場所。リフレッシュ出来ました(^-^)
ユキさん、アライさん、ヒサコさん、ありがとう!
| 散歩。 | comments(0) | - | posted by masako。 - -
ポール・スミス展! 10:34

急に思い立って、 昨日「ポール・スミス展」へ。
お盆休みは時間がとれなかったから。
イギリス、昼から生ビールビール
そうだ!ヒサコサンき頭に浮かんだ。
ダメもとで急なお誘いしました。
「了解です!」やったあ〜。

ポールの色づかいが好き。
シックな服からチラっと覗く ビビットな色や柄・・・日本の着物みたい。
今回はピンク!いい色。
写真OK! だったので、 記念撮影しました(^-^)

 楽しかった!ヒサコサンありがとう。

| 散歩。 | comments(2) | - | posted by masako。 - -
夏の朝 10:33
珍しく早朝目が覚めた。
よし!洗濯の合間に庭の草むしり。
シャワーを浴びて着替えたら
高橋梨園まで散歩。
電話したけど出なかったから
行ってみた。幸水は8月初旬までと
葉書にあった。夏の始まりだ!
張り紙もなく、閉まっていたから
仕方なく帰る。
同じ道はつまらないから、
農業用水路だったわき道に入る。
日陰で一休み。

夏空が広がっていた。

目の前にあるのは栗の木。
少し歩いてまた一休み。
今度は柿の木の下で。

日陰のないアスファルト道路は暑い!

目印の三愛幼稚園の黄色塔が見える。
もうすぐ。
市民農園には家族連れの姿。
我が子が収穫する姿を写真に撮る
お父さん、微笑ましい。

さあ、カフェ開店。

| 散歩。 | comments(0) | - | posted by masako。 - -
表参道から千住大橋まで。 18:08

昨日、DEE'S HALL へ沖さんの作品展[gris gris]を観に行って来ました。
久しぶりの表参道、始まりが12時なので、お蕎麦を食べてからと行ったら、お休み。残念。

一休みしたいなあ〜と思って歩いているとSHOZO COFFEE が営業してた
アイスコーヒーとレモンケーキをたのむ。
小さな小屋の中は正しくSHOZO だ。ホッとするね〜。
働いている女の子も感じ良くてうれしくなる(^-^)


 沖 潤子さんの作品展、最終日。
小さめのお守り袋がたくさん。小さいけれど、圧倒される存在感。
「ほとんど初日で売約済みとなったらしいよ!」と聞きました。
バッタリ居合わせてた金子さんに?!
「この後アンデスの絵見に行くの!」「え〜っ 一緒に行ってもいいかしら?」
というわけで、弥次喜多珍道中(^-^)
妙さんがユキさんからの案内状を持っていたから助かったけど、

何しろ初めての千住大橋!この機会を逃すわけには・・・・。こちらも今日が最終日でした。

 

吉野敏子さんの「アンデスの人びとを描く」
10回目の展覧会を開く直前に体調を崩し、2年前に亡くなられたそうです。

吉野さんは不思議舎さんのお客様だったそうで、ユキさんから今回の案内状を頂いてました。

今回妹さんが吉野さんに代わって開いたそうです。

とてものびやかな、おおらかな絵です。アンデスに恋した吉野さんの熱い思いがあふれていました。

 

  会場は千住宿歴史プチテラスギャラリー

 

 

  病気をおして、アンデスへ。高山病が軽かったとか。丸めた障子紙を持って行き、感じるままに書きしるした絵日記!すごかった。

 

  文字も味があって・・・人柄がにじみ出てます。

  

    コラージュのような貼り絵。

  

   見せて戴いたスクラップ帳の この素描がなんともいいなあ。

  

  アンデスに魅せられて絵を始めたと聞いて、びっくりした。吉野さんにとって必然だったのだろう。

  すごいなあ・・・。

  

  スマホでブログをと思ったのだけど、たくさん書くのは疲れますね・・・PCで書き直しました。

| 散歩。 | comments(0) | - | posted by masako。 - -
つづきは昨日のこと。 16:02

そして昨日、新聞で目にして「行きたい!」と思っていた「ルイ・ヴィトン展」

 娘と待ち合わせて行ってきました。最終日(それも日曜日)並ぶのを覚悟して・・・。

 でも20分ぐらいで中に入れました。スタッフの方がいい仕事してます(笑い)

    入場無料、写真撮り放題なんて・・・・すごいです。

 圧巻のルイ・ヴィトン歴史絵巻!今も進行形というのがまたすごいです!

 

 1835年 創業者ルイ・ヴィトンは14歳で故郷を離れ、

      16歳で家業の木工製造の知識を活かし、パリでレイティエ・アンバルール(荷造り用木箱製造兼荷造り職人)になる。

 1854年 自らの店を創業。皇后をはじめとする著名な人々から高い評価を得る。

 1875年 細部まで考え抜かれたデザインの縦型ワードロープ・トランクが初めて生み出されたことで、

       旅のスペシャリストとしてのルイ・ヴィトンの成功が確固たるものになる。

   その後のストーリーを紡いだのは 息子のジョルジュ・ヴィトンと孫のガストン・ルイ・ヴィトンである。

 1890年 タンブラー錠前の革新的発明により、顧客が専用の一本のキーでラゲージを開閉できるようになる。

 1896年 有名なモノグラム・キャンバスが誕生。1892年に亡くなった創業者である父への誇るべきオマージュとなる。

                                       (冊子より)

  スマホでバーストしながら・・・撮りまくってきました。観てくださいませ!

 

  配られた冊子。

    

 1906年のトランク

 クールベの絵と共に。

 

 救急箱

 

 船旅

 

 空旅

 列車の旅

 ワードロープトランク

 

 

 タイプケース

 ランチケース

 

 デスクケース

 お気に入りのバッグを持つ娘。

 

 リネンが美しい・・・。

 ブックケース

 靴ケース

  最後の「インスピレーションの国、日本」で 板垣退助のトランク

 

 茶道具のケース。隣には海老蔵の化粧台ケースがありました。

  こちらは 白洲次郎の愛用品。

 

 出口近くでは フランス女性の職人さんが細部の作り方(バッグのベルト部分)の実演もありました。

 約一時間・・・・とても満ち足りた気分で幸せ。ホント素晴らしいものを見せて戴きました、感謝。

 気持ちのいいテラスでランチ。キッシユは残念、完売でした。

    

 

 特設会場とはおもえない空間でした。

| 散歩。 | comments(0) | - | posted by masako。 - -
梅雨休み中に。 11:47

梅雨休み中に 片づけの合間にお出かけしました。

14日に 清野さんとしばちゃん宅へ。とてもセンスのいい暮らしぶりを見せて頂きました。

     ランチの餃子と冷やし中華・・・美味しかったです、ご馳走さまでした。

     リフォーム中の私としてはレイアウト等々刺激を受けたなあ・・・。

    カフェの庭のあじさいを持っていったら、こんなに素敵に活けて頂きました。

          楽しいひとときをありがとうございました。

      

 

 スマホで写真をとるといつもバーストしてばかり。その度にドキドキ。

 バーストって?連続して撮ること。なるほど・・・連写ばかりしてる(苦笑)

 おかげで、バースト写真の中からいい写真を一枚選ぶという事を覚えた。

 

  16日は 自由が丘へキクちゃんと。「岩立フォークテキスタイルミュージアム」

 インドから日本のまで母が作った子供服のすばらしいこと! 想いや祈りがこもった手仕事の品々に感動しました。

 どこからこんなデザイン、創意工夫が生まれるのだろうか? 

 モノや情報のあふれた今よりずっと、一つ一つ時間を費やした手仕事は おおらかで、のびやかで「豊かさ」を感じる。

  入館料はたったの¥300 但し木・金・土のみ また是非行ってみたいところだ。

  

   このワンピ  脇にたくさんのギャザーがあるの・・・いいんだなあ。

 

  つづく・・・・。

  

| 散歩。 | comments(1) | - | posted by masako。 - -
| 1/7 | >>