masako。市川の片隅にあるCAFE105から・・・

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
映画ふたつ。 11:18

「こんな夜更けにバナナかよ」
愛しき実話
こう言う映画を素直な目線で見れない
自分がいるのだけど、
今回、良かったなぁ!

とにかく大泉洋が 素晴らしかった。
あの人だから出せた
嫌味のないリアリティ。
付き添い役の萩原聖人、 名前を知らなかったけど
良く見る顔の「宇野祥平 」
二人にブラボー!
振り回されながらもずっと一緒で。
「命がけの自由なんだ」ということを
現実の中でコミカルに見せてくれる。
役者の素晴らしさを実感した。

それにしても、鹿野さんって凄い人だ。

「ヴィクトリア女王 最後の秘密」
こちらは もう予告を見たときから、
見ると決めていた。
ジュディ・デンチ!が好きなんです。
イギリスの女優。現在84歳
「眺めのいい部屋」
「ショコラ」もよかったなぁ。
印象に残ってるのは
「ラベンダーの咲く庭で」
マギー・スミスと共演したやつ。
嵐の翌日浜辺に倒れている若者の
面倒を見るうちに恋心を抱く初老の姉妹の話。
1934年のイギリス、コーンウォールが舞台。
両親の残した屋敷の調度品
リネンのワンピース風の部屋着?
ベッド周りの布物たち、小道具に
目を奪われてしまう。
そんな中、
恋する老女の恥じらいの表情がいい。
忘れられない。
そんな彼女の最新映画!

ヴィクトリア女王晩年の ほぼ実話。
身分も、年齢も、国も、性別も
違う二人が
友情(君主と従者だけど)を深めていく物語。

そのリアリティ。
嫌みなく心に響く。
やはり ジュディデンチ 凄いです!
ユーモラスでキュート、チャーミングな女王でした。
実際女王が愛した離宮での撮影もあって
しつらい、衣装、庭なども見どころ満載
だけど人が輝くのは
分かりあえる友がいる、
心を開いて話し、
共に刺激し合える人
支え合える人がいる

そう言うことなんだなぁ。
全く違うふたつの映画を観て
感じたこと。
| 映画のこと | comments(0) | - | posted by masako。 - -
スポンサーサイト 11:18
| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>